会社案内

企業理念

当社は外食企業であると同時にストレス解消企業であるという理念のもと、
飲食を通じてお客様に 「JOY OF LIVING(生きている喜び)」 を提供することを使命としています。

明治32年8月、東京・銀座の新橋ぎわに、わが国初のビヤホールが誕生しました。その名はヱビスビヤホール。現在のサッポロビール株式会社の前身、日本麦酒株式会社の直接販売部門として開店したこのビヤホールは、開店初日から連日大入り満員で、客止め売り切れもしばしばという盛況だったと伝えられています。そしてこれが、私たちサッポロライオンの輝かしい第1歩でした。

以来100余年、私たちはつねに消費者の厳しい選択眼と多様なニーズに応える新しい店づくりに取り組み、生ビールを媒体とする食文化の向上と地域社会の発展につとめ、今日、わが国の屈指の歴史と規模を持つ総合レストランチェーンとして、フードサービス業界に確固たる地歩を築くに至っています。

いま、人と人との温かい交流への希求はかつてなかったほどに高まっています。私たちサッポロライオンは、飲み、食べ、そして語り合うことを通して人々が仕事や生活のなかで溜こんだストレスを解消し、活力を取り戻すための交流の場と時とを提供することをみずからの使命とし、これからも生きた市場に密着した積極的な活動を推進していきたいと考えています。